ケンタ電子工業株式会社 会社沿革

昭和50年 7月 神奈川県横浜市港北区に設立(個人)
成形品二次加工としてスタートする
昭和52年 2月 福島県いわき市小名浜に移転(現在の第2工場)
アルプス電気(株)協力工場として組立部門スタートする
昭和55年 3月 成形金型部門の機械加工スタートする
昭和58年 1月 株式会社設立 資本金200万円
昭和62年 6月 資本金600万円に増資
平成 3年 7月 ワイヤー放電加工機導入し金型部門本格的進出
平成 5年12月 形彫り放電加工機導入
平成 7年12月 資本金1,000万円に増資
平成10年 3月 NCフライス、NC細穴加工機導入
平成10年 9月 金型設計CAD・CAM導入
平成17年 4月 プラスチック成形部門スタートする
射出成形機30t 1台、55t 2台導入
平成22年12月 射出成形機30t 1台導入
平成23年11月 組み立て及び検査部門として、第3工場を開設する
平成24年 4月 ワイヤー放電加工機導入
平成24年 9月 測定顕微鏡(画像ユニット付)導入
平成24年12月 医療機器製造業許可証を取得
平成25年 2月 医療機器用QMSを取得
平成26年 3月 射出成形機30t 1台導入
平成27年 6月 創立40周年記念式典を開催
平成27年11月 金型専用洗浄機 1台導入
平成28年 9月 第2・第3工場を統合し、いわき市常盤西郷町に移転
[西郷工場]に名称変更
平成29年 6月 射出成形機30t 1台導入